築地に行っていました(11月24日)

(高層ビル群を背景にする、なんだかノスタルジックな築地市場     おっちゃんカメラ目線やめて!)






どんよりとした曇を縫うように晴れ間が見える、少し暖かい天気だったと記憶しております。







これは以前10月半ばに行った時の写真です、半袖の人いますね。






正直、あまり活動的な人間ではございませんので休みの日は天井のシミを数えているだけで一日が終わります。







人の顔に見えるシミなんかもありエキサイティング要素のある遊びなのですが共感を得られないようでセミの幼虫の様だと評判です。







セミの幼虫に失礼ですよねごめんなさい。







さて、セミの幼虫がたまたま外出する機会があったのでブログネタを貯め込んだのですが







すでに記憶がホンワカホカホカしてしまっております。

(危険な市場内のトラフィックジャム     おっちゃんカメラ目線やめて!)






築地についたのは午前9時すぎだったかと思うのですが競り後の残り火でしょうか、充分に活気がありました。







許しがあればすぐにでも2,3人やっちゃいそうな殺人カートが乱れ行ききし







巧みにかわしつつ隙あらば乗り込もうとする海外の観光客と、それを阻止する鉄火場の兄貴姉御が







互いの熱気で立ち込める魚の臭いを昇華させる新しいエネルギー生産機関・・・   の様な場所でした。








はぁ~帰って壁シミ数えたい・・・