瀬戸大橋(1月22日)

何度、帰郷しても瀬戸大橋を渡るときはいつもときめきのようなものを感じます。





ときめきといいますか「こったらすげーもん、人が造ったものとはおもえねぇだー」が正解なのですが





橋は、車が通る上部・電車が通る下部の2段構造になっており





下部の電車からは「実はいま少し飛んでます」と言われても信じちゃう光景が約5分程続きます。





全長約12kmながいよー

往路は残念ながら曇りでしたが





復路は雪の四国を抜け、快晴の瀬戸内海





おしむらくはもう少し良いカメラで撮影できてたらなぁ





さらに動画で撮ったのでボヤボヤしてますね  無念

どうでしょうこのときめき





静かな車内で一人、嬉々としてパシャパシャする気持ちが伝わるだろうか





こわいわよねぇ~ときめきって  やーね~  アラヤダホホホホ

また会いましょう高知