遊 呑 寒 湯 食 

新年あけましておめでとうございます
アソシエートは5日から営業開始となりました、どうぞ本年も宜しくお願いいたします

・・・と新たな一年が始まりましたが、郷里に帰省された方、旅行に行った等、新年の迎え方や場所はいろいろありますが、
いつになくマトモに『 帰省する 』を今回はチョイス
いつになくとは、普段の年末年始は気楽に温泉地あたりで過ごしているからなんですねぇ

そして帰省する先 → 青森

この時期の青森、寒々しいイメージしかないと思われます
ウン十年も青森で生きていた為、寒いのは当たり前でなんともないのですが、移動する時間やチケットの購入諸々に『 面倒 』という意識が芽生えた途端、帰省する意識にシャッターが降りてしまうからホトホト自分でも呆れる始末
この面倒シャッター、お盆・暮れなど度々降りてきます

しかし今回、自分でも感心しましたがシャッターが降りることも無く、する~りと帰省
寒波の影響で目に入る景色は真っ白です

この時期は真っ先にスキー場へ
さすがは青森、雪質はパウダー♪ 晴れているから海も望めます
場所はブサカワ犬わさおでもお馴染みの鯵ヶ沢、日本海を望む夕方の海岸線もナイター時のお楽しみ
冬を代表するオリオン座も、池袋で見るよりくっきり鮮やか、大星雲もアレかと思えるくらいなもんです
当日は晴れていたのでボードもさくさく出来ましたが、翌日は一転して吹雪。。。ゴーグルも真っ白でコースも判りません
北国の天気は本当に怖いんです。。。

寒ければ寒いナリのお楽しみは他にもあるもので、湯煙ただよう温泉もオツなもの
黒石市は温湯という温泉郷に、赤ちゃん時代からお世話になってるところがあり、久方ぶりに入ってきました
この「温湯」=ぬるゆ、と読みますがお湯はぬるくないです
近年リニューアルした様子で、昔の面影はまったくナシ
しかしお湯は昔と変わらず、ぽかぽかで湯冷めしにくく、ババァには有難くもお肌つるつるという効果もあります
残念ながらこの効果、数日しかもたないのが難です
黒石市は最近つゆ焼きそばがB級グルメで発信してますがこけしも有名で、今の時期はこけし形の大きい灯篭がこの温湯温泉郷でたくさん見かけることが出来ます

いちばん大きい黒石こけし灯篭
温湯温泉郷

ボードしたり温泉入ったりと、していることはふだんの年末年始と変わりはございませんが、場所が実家だったりするのでプラスαが発生します=お利口さんにしていなければなりません
なので、ちゃんと親の言うことをきき、おとなしくしてました・・・友達とのお酒もちゃ~んと家で呑んでました
でも青森にいた期間は自分で運転することも無いのでたいてい呑んでましたがナニか?
きっと血中アルコール濃度ハンパぢゃなかったはず  
年間目標は「呑み方を考える」となりそうです


期間限定ですが、ヨッパラ~イでいたのは周りの人のおかげ
愉しく過ごせた証拠、と自分に言い聞かせてます

親戚のお家でいただくお母さんたちのゴハンも美味♪
お漬物はそれぞれの家庭で味が違いますが、みんな美味しくてお酒もやっぱり進みます
たくさんのお漬物をお土産に頂戴して帰ってきました

ふるさとは遠きにありて思ふもの、とはよく言ったもの
滅多に行けるものではないため、行ったときに出会う人に感謝を思い自然と頭がさがります
今は3時間少々あれば新幹線で行ける距離にはなりましたが頻繁にはいけるものではなく、ふだんから郷里の親や友達を大切にしなくてはと改めて感じます

しっかり充電してきたことですし、今年一年もつつがなく過ごせるよう日々イロイロと努力しませんと・・・